モンスターカレンダー

« 2020年5月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

今この時、子育ての場面での心配Q&A ⑤

こんにちは(*^^*)

うえだみなみ乳児院パーマネンシーチームです。

 

 

新型コロナウィルスの感染が拡大している今、

不安や心配を抱えながら子育てを頑張っておられるお父さん、

お母さんへ、よくある、いくつかの心配について

Q&Aをご紹介しています。

 

Q&Aをご紹介してくださったのは、

安藤 智子先生(筑波大学 臨床心理士)です。

(うえだみなみ乳児院で実施している

「安心感の輪」子育てプログラムで以前スーパービジョンを

受けました。)

こころの専門的な視点からのQ&A、

気軽に読んでみてくださいね。

****************************************************************

Q;子どもたちがいる中での在宅勤務のコツは?

 

A; みなさんは家庭のママ、パパと、会社の職員と異なった場所で、

別の役割を果たしています。

しかし、家庭で両方の役割を果たすのは、とても難しいことだと

思います。

特に子どもにとっては、家にいれば「ママ」「パパ」ですね。

可能でしたら、部屋を分けるなど、仕事の役割を果たすときには、

子どもから見えないところで仕事をなさると安全だと思います。

 

それでも、お子さんが入って来るかもしれませんが、

目をみて

「今、仕事中だから後でね」

「何時になったら出て行くね」と

優しく、

さっぱり、きっぱりと伝えて

仕事に戻りましょう。

何度も繰り返すことになりますが、日を重ねるごとに

理解してくれるようになると思います。

 

乳幼児は必ず面倒をみる人が必要ですから、

誰か手を貸してくれる大人と役割を分担して、

面倒をみる人、仕事をする人とサポートし合うとよいでしょう。

結局お子さんが眠った後に、睡眠を削って仕事をすることになる方も

おられるかもしれません。

仕事と家事や子育てのバランスを探しながら、

大人同士が助け合っていけるとよいですね。

 

*********************************************************

TVのニュースをみると、在宅勤務やテレワークを取り入れる企業が増えているようですね。

 

必要な場面では

優しく・さっぱり・きっぱりと...

 

在宅勤務やテレワークの場面だけではなく、このことが必要な場面は他にもありそうですね。

 

例えば、緊急事態宣言が明け、通常の生活に戻ったとき、

久しぶりの登園にお子さんが泣いてしまったとき...

 

「ママ、お仕事行ってくるね」

「終わったら迎えに来るね」

 

お子さんの泣いている姿に心配になったり、悲しくなったり

するかもしれませんが、

優しく・さっぱり・きっぱりと

お話して、お迎えのときにギューッと抱っこしてあげて

「待っていてくれてありがとう」と伝えられたらいいですね。

 

 

次回、今この時、子育ての場面での心配Q&A ⑥へ

続きます。

 

~安心できる日常が一日も早く戻りますように~

s-web山本さん⑤.jpg