モンスターカレンダー

« 2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

離乳食

こんにちは!

うえだみなみ乳児院施設ケアチームです。

 

現在、乳児院では3名のお子様が離乳食を進めています。

私が担当しているお子様は、乳児のお子様です。

 

初日は重湯から始まり

現在は10倍粥半つぶし⇒小さじ4

野菜ペースト⇒小さじ4  

を一日2回食べています。

初日からスプーンの上の重湯をペロペロと上手に舐め、

飲み込む事が出来ていました。

離乳食後のミルク哺乳は180cc摂取しています。

 

月齢に合わせ、個々の発達状況に合わせ、毎日過ごしています。

 

1歳以上の子ども達が2名以上集まり遊んでいると、時折ケンカも勃発していますが(笑)

たくさん食べて

       大きくなるぞ!!!

s-web離乳食.jpg

スイカ割り

こんにちは!

うえだみなみ乳児院です(^-^)

 

子どもたちと、スイカ割りをしました!

前日にスイカ割りの様子を見ていたからなのか、初めてする子も多かったですが

自分から積極的にやろうとしていて、目隠しも嫌がらずにきちんとしていました。

ポンッと優しく叩いたり、スイカを触って嬉しそうにしていました。

 

とても楽しく行事が出来て良かったです。

これからも色々な経験が出来るようにしていきたいと思います。

 s-webすいか割り.jpg

研修室が完成しました

こんにちは (^-^)

うえだみなみ乳児院です。

 

先日のブログで"研修の秋"のお話をさせていただきましたが、

今回はうえだみなみ乳児院の上田原事務所がある

護老人ホーム報恩寮のスペースに間仕切りを設置していただき、

研修室をつくっていただきました。

 

 s-web研修室.jpg

 
うえだみなみ乳児院では、里親支援や養育のスキルアップ、

職員のスキルアップのための研修を行っています。

今までは外部の研修室をお借りしていましたが、

これからはこの研修室を活用させていただけることになりました。

 

"子どもと若者が自分らしく生きる地域社会の実現"に向けて

これからも乳児院全体で取り組んでいきますので、

応援よろしくお願いします。

プール遊び☀

こんにちは!

うえだみなみ乳児院です(^-^)

暑い日々が続いていますが、最近は暑さも少し和らいできた感じがしますね☀

 

 

7月の中旬から子ども達の体調もバッチリで、いよいよプール遊びが始まりました!!

シャワーを使って水の感触を楽しむ子やペットボトルなどの容器に水を入れる子など、

様々なかたちで水の感触を楽しんでいます。

 

 

 気付けば8月が終わろうとしていますね。

今しかできないプール遊びですが、出来る限り沢山子ども達と遊びたいと思います。

s-webプール遊び.jpg

☆専門職向け研修のお知らせ☆

こんにちは

立秋も過ぎ、少~しずつですが、暑さも和らぎ始めていますね。

 

皆さんにとって、秋と言えばなんの秋でしょうか?

『実りの秋』『芸術の秋』『読書の秋』『スポーツの秋』等々、様々な秋があることかと思います。

うえだみなみ乳児院では、ズバリ【研修の秋】です

医療・福祉・教育等こどもに関わる専門職の皆さんと一緒に学びを持ちたいということで、

研修を企画しました。

ブログをご覧になっている専門職の方がいらっしゃれば、ぜひご参加お待ちしております

 

詳しい内容は、こちら ↓↓↓

https://www.facebook.com/pg/permanency.uedaminami/posts/

s-webSOS・FB.jpg

こんにちは(^^)s-web日本財団ロゴ③.jpg

うえだみなみ乳児院パーマネンシーチームです。

 

昨年度、坂城町子育て支援センターで実施させていただきました

「安心感の輪」子育てプログラム。

 

今年度も日本財団の助成金を活用させていただき、

小諸市からプログラムがスタートしました!!

 

場所は小諸市東児童館。

小学生がいない午前中、地域のお母さんとお子さんが遊びに来てくださる

「おさなごの会」の時間を使わせていただき、実施しています。

 s-web写真①.jpg

お母さんが少しでもホッとした時間を過ごせるように、

「安心感の輪」子育てプログラムを学ぶ時間が、お母さんの

「安心できる場」となるように、児童館の先生方も託児のお手伝いを

一生懸命してくださっています(*^^*)

 

参加されているお母さんは、お子さんの泣き声が聞こえると

少し心配されながらも、お子さんが先生方に抱っこされている様子をみて、

また安心してプログラムに戻ります。

 

そんな温かい支えの中で、お母さんとお子さんとの「安心感の輪」について

考え、自分自身やお子さんとのかかわりを振り返る大切な時間を過ごす

ことができています。

 

前半4回までが終了し、後半4回は小学校の夏休みが終わった

826日からスタートします。

 

後半もみなさんといろいろなお話をし、お子さんに安心感を与えられる

ようなあたたかい関係をゆったりと考えていけたらと思います。

 

坂城町子育て支援センターでも、10月始めから今年度も実施予定です。

たくさんのお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんに

お子さんの「安心感の輪」を知っていただけたらうれしいです(*^^*)

s-web写真②.jpg

フォスターホーム交流会

こんにちは。

うえだみなみ乳児院フォスタリングチームです。

 

83日に第1回目のフォスターホーム交流会を行ないました。

記念すべき第1回目はBBQ

フォスターホームさんや、現在委託されている方は里子さんを連れてきてくださり、

大人数で和気あいあいと行いました★

s-webIMG_7594.jpg

里子さんは来て早速「お手伝いする!」と言ってくれて、

野菜を切ったり、一緒にお肉を焼いてくれました(^^)

 

食べた後は、BBQ恒例のスイカ割り♪

大きなスイカを見て子どもたちは大喜び!!

子どもは真剣に、大人は少しふざけてみながら(笑)

楽しんで無事に割る事が出来ました!

s-webスイカ割り.jpg

みんなで楽しみながら、外で食べるお肉とスイカは格別ですね(^^

             

子ども達は野球をしたり散策をしてみたり、

その間フォスターホームさん同士で情報交換をし、

有意義な時間を過ごすことが出来ました。

フォスターホームの交流会は、年に数回予定をしています(^^)

家庭体験

梅雨があけ、いよいよ夏本番です!!

急に暑くなりましたね。

水分補給を忘れずに、熱中症には気をつけていきましょう!

 

先日、毎年恒例の職員のお宅に家庭体験に行きました。

今回は四名の一歳以上児を連れて行きました。

 

 お買い物からスタートした家庭体験。

「これが欲しい!!」

と子ども達も積極的に買い物に参加してくれました。

 

 ここで、うえだみなみ乳児院の家庭体験の始まりなのですが、

施設入所が長い子ども達はやはり社会の経験(家庭での経験)が少なく、

家庭復帰した際、又は里親委託になった際に

みたことがない、やったことがない物事がとても多く、

ビックリしてしまったり、固まってしまったり等話をよく聞きます。

このことから年に一回職員のお宅を借りて一日過ごさせて頂いています。

 

 初めてきた子は戸棚や大きな冷蔵庫、そしてダイニングテーブル等

施設にはない物に興味津々です!

何回も来ている子はなれたもので

すぐに玩具を出して遊び出していました。

 s-web7.jpg

 プール遊びをしたり、野菜の収獲をしたり、お庭で遊んだりして過ごしながら、

お昼は流しそうめんをしました。

こちらはこどもよりも大人が大興奮()

とてもはしゃいでいる大人に子ども達も頭の上に???が飛んでいました。

s-web6.jpg

やはり夏はそうめんですね、お腹いっぱい頂きました。 

午後はわんちゃんを連れてお散歩、自由に歩いて、草花に触れて

とても楽しそうな子ども達でした。

  s-web2.jpg

s-web3.jpg

s-web4.jpg

毎年毎年温かくお家に迎えてくれる職員に、子ども達もとても嬉しそうでした、

大人も有意義な時間を過ごさせて頂きました。

本当にありがとうございました!!

s-web5.jpg

プレゼント頂きました❤ 

こんにちは!

うえだみなみ乳児院です。

 

5月に看護師として乳児院に就職してから、早2ヵ月がたちました。

退職された前任の看護師から日々の業務について説明を受け、

少しずつ子ども達からも名前を呼んでもらえるようになりました。

 

先日、子ども達とスタッフの皆さんに歓送迎会を開いて頂きました。

子ども達の手形・足型を使った手作りのプレゼントも頂き、本当に嬉しかったです。

大切に自宅で飾らせて頂いています。

 

まだまだ分からないことだらけですが、

毎日楽しく子ども達と過ごしていけたらと思っています。

s-webプレゼント.jpg

ちいさな乳児院のおおきな野望?

2016年の児童福祉法の改正により

「こどもの家庭養育原則」「こどもが権利の主体である」ということが明記されました。

 

わたしたちは、乳児院での赤ちゃんのお世話を通して、

こどもにとって家庭でくらすことは非常に大切であると常々考えてきました。

 

現代は血縁関係による家族だけでなく、いろいろな家族のかたちがあります。

それぞれが尊重され、尊ばれる存在です。

あらゆる家族が、地域で、社会で当たり前のように受け入れられること、多様性が認められることは、

家庭生活の基盤となるので子どもの育ちにとっても大切なことです。

 

そして、もっとも重要なのは、<かたち>にとらわれず、<つながり合っていくこと>だと思っています。

比較や差別、あらゆる偏見から解放され、大人も子どももひとりひとりがほっとできる地域、

社会になることを目指して・・・。

 

ちいさな乳児院のおおきな野望です。

s-web小林さん.jpg